フード系バイト:カテゴリー

東京 千葉 神奈川 埼玉 栃木 群馬 茨城の飲食系バイト

フード系バイト

コンビニスタッフと飲食系バイトは、求人の二大巨頭と言っても過言ではありません。 この二つには共通点が多く、働く側にとって非常に有利なのが特徴です。

1.営業時間
24時間年中無休なのは、コンビニの常識。
最近は飲食系も24時間営業が増え、
ファミレスや居酒屋等の飲食系バイトでは、24時間いつでも求人を募っています。

2.労働期間
コンビ二スタッフと飲食系バイトは、短期や単発の求人も多いです。
バイトは学生や主婦が多く、
学生ですと、夏休みや冬休み等でのレジャー目的でお金を稼ぎ、
長期休暇前に辞めるケースがあります。
同様に主婦ですと、長期休暇になるとお子さんの世話をする必要があるので、
これまた長期休暇前に辞めてしまいます。
その穴埋めでの求人です。
更に、飲食系バイトでは週1日だけ募集と言うのもあり、
これは土日祝日等で、お客さんが急に増える為の求人となります。

3.店舗数
町を歩けば大概どこにでもコンビニがあり、非常に便利です。
飲食系も、料理の種類や店の規模が違いますが、こちらもよく見かけます。
飲食系バイトの枠組みは、居酒屋・ファミレス・焼肉屋・定食屋・喫茶店等など、
数えるときりがありません。
店舗数が多ければ、それだけ求人も多くなる訳です。

4.経験の継承
コンビニも色々と店がありますが、基本サービスはどこも変わりません。
つまり、1度コンビニで働いていれば、
他のコンビニで働いても、その経験が充分生かせます。
飲食系も提供する料理が違うだけで、仕事内容はどの店も大して変わりません。
飲食系バイトですと、レジやホールスタッフの求人となりますが、
これはどの店でも必要な人材ですから、1度経験しておけば、
後はメニューを覚える程度で済む訳です。

楽に稼ぎたいと考えるのは人の常。ただ仕事である以上、横着はできません。
楽なように思えて、実は大変な事もあります。
店によっては、飲食系バイトでカウンタースタッフを募集していますが、
これも歩き回るホールより、立ってるだけのカウンターの方が楽に思えます。
しかし実際は、お客さんとの距離が近い為、言葉を交わす機会も多く、
接客や人間性を問われる事に。
丁寧な対応は勿論、店や料理の知識も必要です。
こればかりは経験以上に、本人の努力が一番必要なので、
仕事への意欲は無くさないように。





Page: 1
 
フィード